第218回TOEIC L&R公開テスト 難易度と感想


2017年3月12日の第218回TOEIC Listening & Reading公開テスト、東京都荒川区の赤門会日本語学校 本校にて受験しました。昨年10月以来の会場ですが、ホームと言ってもいいくらいおなじみの場所。教室も小さく、リスニング音声もラジカセでなく集中管理で、リラックスして受験できました。それでは2017年2回目のTOEIC L&R公開テストの難易度と感想をお届けします!

第218回TOEIC L&R公開テスト 会場

全体としての難易度、これまでの新形式テストをかんたん・普通・難しいの3つに分類すれば、「かんたん」レベルだったと感じました。

パート毎の感想(難易度)は以下の通りです。

Part 1: やや難
Part 2: やや難
Part 3: 普通
Part 4: やや易
Part 5: やや易
Part 6: 普通
Part 7: やや易(SP 普通、DP やや易、TP やや易)

※ 難易度は 易・やや易・普通・やや難・難 の5段階評価です。

Part 1、難易度は「やや難」。人物が1名の写真が1問、2名が3問、3名以上が1問、無人が1問(屋外)でした。ちょっと悩んだ問題があり、Part 1から落ち着きをなくしました!

Part 2、「やや難」。定番のWhen/Whereの聞き分けが微妙な問題や、新形式らしい間接的な応答が多かったですね。

Part 3と4は、今回は「普通」と「やや易」。Part 3は意図問題が2問、グラフィック問題が3問。フルセンテンスの選択肢の問題が5問(うち2問は意図問題)。Part 4は意図問題が3問、グラフィック問題が2問。フルセンテンスの選択肢の問題が6問(うち2問は意図問題)。Part 3は話者3名の会話が2つ出ました。意図問題はAbilities Measured の L2(間接的)と L4(具体的)に分類されるのですが、おそらく5問中4問がL2に分類されるタイプです。グラフィック問題の難易度はやさしめで、キーワードを聞き取って正解できるタイプが5問中4問ありました。

Part 5は「やや易」。構文を難しい問題で、述語動詞の判断がしづらい難問があったほかは、語彙問題等も全般的にはかんたんでした。

Part 6は「普通」。文脈依存問題は11問(文選択 4、語彙 4、接続副詞 2、時制 1)とまんべんなく出題されました。

Part 7、全体としての難易度は「やや易」でした。とくに複数文書問題がラクだと感じました。語彙問題は2問で少なめ、難易度は普通。

相澤自身の本日の時間配分は、以下のとおりでした。

Part 5 13:45〜13:57 10分
Part 6 13:57〜14:08 11分
Part 7 SP-シングルパッセージ 14:08〜14:33 25分
Part 7 DP-ダブルパッセージ 14:33〜14:41 8分
Part 7 TP-トリプルパッセージ 14:41〜15:56 15分

テスト報告は以上です!

先日、乃木神社でハイスコア祈願しました。

TOEICハイスコア祈願 at 乃木神社

TOEICハイスコア祈願 at 乃木神社

神崎正哉先生のTOEIC138回受験記念ラジオ、20時スタートです。


Posted in 公開テスト
© 2014 英語講師 相澤俊幸 — All rights reserved.
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This Web page is not endorsed or approved by ETS.